タコ釣りを始めよう タコ釣り専用ロッド(タコ竿)

私見ですが、タコ釣りを始めるにあたり、タコ釣り専用ロッド(タコ竿)は必要だと思います。

私が初めてタコを釣ったのは、投げ竿にスピニングリール・ナイロンラインでした。たまたま私の隣で釣りをされていたタコ師さんがタコを釣り上げたのを見て、なんとなく知っていた知識で急遽投げ竿にエギを付けて海底をトントンしたら釣れたって感じです。この時のタコは小型でしたが、それでも海底から浮かす際に、根がかりしたかのような結構な負荷を感じました。小型のタコですらそうなのですから、大型のタコが釣れた場合や張り付かれてしまった場合には、投げ竿なんかではとても太刀打ちできないと思っています。

では、タコ竿が必要だとして何を選べばよいのかですが、参考にしていただくため私が実際に使用している「タコパラ」と「タコスフィールド」についての雑感等を記します。
➀価格帯 タコパラ:7000円前後 タコスフィールド:11000円前後
➁印象  タコパラ:棒 タコスフィールド:棒 
➂強度  タコパラ:1.96キロ抜きあげ タコスフィールド:1.8キロ抜きあげ ※折れないことを保証するものではありません。
➃両者比較 タコパラ:コストパフォーマンスが高く、多少乱暴に扱えるので最初の1本向き。 タコスフィールド:全体として軽い。ティップが少しだけ柔らかい。全長が長いので、キャスタコ(キャストによるタコ釣り)の根がかり回避に利がある。適応ウエイトが重いので、風が強い日などに初心者は底が取りやすい。

なお、私がタコパラとタコスフィールド両方を所持しているのは、以下の理由からです。
➀2本の竿にそれぞれ別の仕掛けを用意しておいて、岸ダコ(壁際のタコ釣り)とキャスタコをスムーズに行いたい。
➁一般的に、タコは日によって乗ってくる仕掛けや色が違うと言われているので、その日のタコの好みをいち早く把握したい。
➂上記➀➁にかこつけて、ただ単に違いを知りたかった。そして、タコパラは値段の割によくできた竿だと知り、タコスフィールドは根本までしっかり曲がってタコを乗せる竿だと知りました。

なお、これからタコ釣りを始めようとお考えの方にとって、入門編としてこれより高価なタコ竿は必要ないと思いますし、岸ダコだけをされるのであれば、もっと安価なものでも問題ないと思います。
あとは、タコ釣り実釣動画をご覧のうえ選んでいただければと思います。


https://www.naturum.co.jp/product/?itemcd=2490822#

https://www.naturum.co.jp/product/?itemcd=2707607&ref=rv_carousel#

にほんブログ村 釣りブログ タコ釣りへ
にほんブログ村にて奮闘中。がんばれクリックをお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。